会長からのメッセージ

六の花籠球会 会長を拝命しております平松研(ひらまつ きわむ)でございます。

私は港高校27期生です。卒業して約40年となりますが、この会には毎年参加して、先輩・後輩・仲間との交流を行い、元気をもらって帰っています。 自分の中でも、相当大きな存在となっています。

大役を仰せつかり、身の震える思いでございます。

毎年、6月の第二日曜日に母校にて総会を開催しています。まさに「老若男女集う!!」です。

さて、当会の現状です。

六の花籠球会が発足して23年が経過しました。最近の総会出席者を見ると、特に若い方の出席率が非常に厳しい状況となっています。

19歳から80歳以上の仲間が存在する会というのは、本当に珍しい存在です。500人以上会員がいるのに、毎年の参加人数が60余人というのは、非常にさびしい一言に尽きます。

是非、同期の仲間を誘いあって総会に出席頂ければと思います。

会としても、今まで広報活動にあまり力を入れていなかったという反省点がありますが、ホームページ・SNSなどの活用で、色々なコミュニケーションの方策を試していきたいと考えています。

この会はバスケットボールを通じての仲間を結びつけていますが、遊び、仕事をを通じて人生の大先輩の薫陶を受けたりすることもできます。

先ずは、総会にご参加ください。

今後ともよろしくお願い申し上げます